わきが@丸わかりガイド

わきがについて詳しくご紹介!


多汗症との関係

多汗症という病気は、単なる「ひどい汗っかき」というようなもの
ではありません。また、わきがと混同されることが多いのですが全然
違う病気です(ただし大量に汗を分泌する結果、わきが臭が強く
広まってしまうという関連性はあります)。

わきがの臭いの主な原因はエクリン腺から出る汗の成分によるもの
ですが(実際にはこの成分が細菌に分解されることによって発する
臭いです)、多汗症の場合はエクリン腺から分泌されるほぼ水と塩分
からなる無臭の汗が全身、あるいは手のひら、足の裏、わきの下など
特定の部位に集中して必要以上に分泌されるのです。

これを全身性多汗症と局所性多汗症と呼んで区別しています。全身性
多汗症の場合は、普通あまり汗をかかない部分にも汗が出やすくなる
という特徴があります。

さて、私たちが普通汗をかくのはどういう時でしょうか?暑い時、
辛いものを食べたとき、あるいは強いストレスを感じたときなど
にも冷たい汗をかくことがありますね。

多汗症の場合は、精神的なストレスや不安から交感神経の働きが
強くなり、汗が出やすくなることや、何かの病気で中枢神経や内分泌
に異常をきたしたり、代謝異常になったりした場合、あるいはホルモン
バランスが崩れて自律神経に支障をきたし、その結果体温調節機能が
おかしくなって暑くもないのにやたら暑さを感じたり汗をかいたり
するという報告がなされています(更年期障害のひとつでもあります)。
ただし、多汗症がなぜ発症するかについてはまだ原因不明の点も多く
残されています。

[リンク]看護師が人間ドックの求人を見つける

ここだけはチェック!わきが治療のポイント!

自分ではなかなか気づかないわきがの初期段階。 周囲の人に匂いを指摘されて、 (ひょっとして自分はわきがなのかな…?)と 気になり始めたら、まず次の項目をチェックして 自己診断をしてみましょう。   「わきがの自己診断」のページへ