わきが@丸わかりガイド

わきがについて詳しくご紹介!


わきがの犯人は細菌

わきがの臭いはアポクリン腺から分泌する汗が細菌に分解されたり空気
に触れて酸化することで発生する臭い物質です。アポクリン腺から分泌
された汗も、皮膚に出たばかりのときにはほとんど臭いはないのです。

さて、ではわきがの臭いの真犯人である細菌とはどんなものでしょうか?
実は、この細菌は「常在菌」と呼ばれる、皮膚の表面の雑菌退治をして
くれている菌なのです。

常在菌は脂肪やたんぱく質を食べて分解することで生きているのですが、
この菌がアポクリン汗腺から分泌されたたんぱく質や、皮脂腺から分泌
した皮脂も分解してしまい、いわゆる「腐敗臭」を発生させてしまいます。

「それなら、その常在菌を完全に殺菌してしまえばわきがは治るんじゃ
ないの?」と誰でも思いつきますよね。しかし、残念ながらそう簡単な
話でもないのです。人の皮膚に住んでいる常在菌はおよそ数百種類にも
及び、それらが互いに関わりあって、さながらひとつの社会を構成して
いるように共存していますが、病気の原因などになったりはせず、むしろ
有害なバイキンが体に侵入することを防いだり、傷の化膿を防いだりして
人間と共存関係にあります。

極端な話、皮膚上の常在菌を全部殺してしまうと、生きた人間の皮膚に
カビが生えてしまうことだってあるのです。ですから、常在菌を殺して
しまうことは危険です。

とはいえ、わきの下だけでもある程度常在菌の活動を低下させればわきが
の症状は軽くなるわけで、そうした薬も開発されています。

ここだけはチェック!わきが治療のポイント!

自分ではなかなか気づかないわきがの初期段階。 周囲の人に匂いを指摘されて、 (ひょっとして自分はわきがなのかな…?)と 気になり始めたら、まず次の項目をチェックして 自己診断をしてみましょう。   「わきがの自己診断」のページへ