わきが@丸わかりガイド

わきがについて詳しくご紹介!


わきがを防ぐ入浴方法

わきがの臭いを抑えるのに有効な方法のひとつが上手な入浴方法です。
まず最初に、浴槽に熱いお湯を3〜40センチ張ります。熱いお湯と
言っても、足をつけて我慢しておられるほどの温度です。このお湯に、
膝から下をつけて浴槽のふちにしばらく座っていましょう。5〜10分で
全身から汗がにじんできます。

本当はひじから先をお湯につけておいたほうがよいのです。ひじから
先を熱すると、わきの下から一番大量の汗が出ます。しかし、この姿勢
はかなり無理がありますから、誰でも出来るというわけにはいかない
でしょう。ガッツのある方はチャレンジしてみてください。

そして、次は半身浴です。36〜7度、つまりほぼ体温ぐらいの温度に
するのがコツです。お湯はやや少なめ、体がつかったときにお湯の高さ
が乳首ぐらいになるのがちょうどいいでしょう。この高さだと水圧が心臓
を圧迫しないので長時間お湯に使っていても体への負担が少ないのです。
最低20分はお湯につかっていたいものです。

このとき、お湯に酢をカップ半分ぐらい(約100CC)入れておくと効果が
さらに高まります。酢には発刊作用があり、そして殺菌作用もあります。

わきがの臭いの原因はアポクリン腺から分泌される汗が皮膚の常在菌に
よって分解されて発生するわけですから、それを殺菌することによって
わきがの臭いを抑えることができます。さらに、汗には体内の余分な
老廃物を体の外に押し流す作用があります。半身浴によってたっぷり
汗をかき老廃物を洗い流すとともに、汗の臭い成分も体外に押し流して
おけば、後からかく汗の成分が薄まることになります。

ここだけはチェック!わきが治療のポイント!

自分ではなかなか気づかないわきがの初期段階。 周囲の人に匂いを指摘されて、 (ひょっとして自分はわきがなのかな…?)と 気になり始めたら、まず次の項目をチェックして 自己診断をしてみましょう。   「わきがの自己診断」のページへ