わきが@丸わかりガイド

わきがについて詳しくご紹介!


わきがと食習慣

わきがの臭いの原因は皮脂腺から分泌される皮脂にもあります。
動物性食品や乳製品に多く含まれる脂肪酸が皮脂として分泌され、
これが皮膚の常在菌に分解されて強烈な臭いを発するのです。

したがって動物性食品を中心とした食生活を続けるとわきがの原因
のひとつになります。肉食文化を持つ欧米人の体臭が強いのは
これが原因です。

日本の伝統的な食文化は米が主食で肉食は原則としてせず、動物性
たんぱく質は主に魚介類から摂取してきました(そしてたいていの
場合動物性たんぱく質は不足しがちで、日本人は豆腐や納豆、小豆
などのマメ類を貴重なたんぱく源としてきました)。

その結果、明治以前の日本人は欧米人に比べて体臭が少ない体質で、
わきがの人も少なかったようです。やがて明治にはいり欧米から
肉食文化がもたらされ、現在では肉や卵、乳製品などの動物性脂肪の
摂取は欧米並みになってきています。そしてそれと比例するように、
わきがに悩む日本人の数も飛躍的に増えてきました。

このことからわかるように、わきがを予防するためには普段からの
食生活を昔の日本型に戻すことがかなり有効です。つまりご飯を主食に
(パンには牛乳やバターなどが使われており、パン食の際はおかずも
どうしても肉や卵、乳製品を多く使ったものになりやすい)、たっぷり
の野菜やマメ類、そして魚介類はやや少なめに摂取するよう心がけて
みてください。わきがでない人も、こういう食生活をしていると体臭や
汗の臭いがかなり軽減されることが実感できるはずです。

ここだけはチェック!わきが治療のポイント!

自分ではなかなか気づかないわきがの初期段階。 周囲の人に匂いを指摘されて、 (ひょっとして自分はわきがなのかな…?)と 気になり始めたら、まず次の項目をチェックして 自己診断をしてみましょう。   「わきがの自己診断」のページへ